子供にGPSつけること

現代のGPS機能は目覚ましい進歩を遂げており、かつて車両などに取り付けられて位置を把握して居た頃よりも強力で生活な機械へと進化しています。いまや携帯電話やスマートフォンにもGPS機能が搭載されており、相手の通信によって発せられる電波さえ察知できれば、相手を知らなくても誰がどこにいるのかが把握できてしまうのです。とても便利なようであり、またとても個人的な情報が漏れやすい危うい機械であるという事が出来ます。子供にこのような機械を保持させることも一長一短です。

子供が今どこにいるのかが把握できるという安全面での利点があって、多くの子供用に機械が開発されてきましたが、利用方法を間違って使用してしまうと保護者ではない第三者に子どもの現在の存在場所を教えてしまう事にもなりかねないのです。しかしながら、反面GPSの利点を活かすすことも可能です。それは子供にGPS機能の付いている腕時計を付けてもらうことで、健康管理に役立てることができるからです。最新式にモノでは腕時計に内蔵されているシステムを利用して脈拍や心拍数、血圧や体温などなどの測定をすることも可能で、それをデータ化してコンピューターに無線で飛ばし、親がいつでも子供の身体状況を理解するという事が出来るからなのです。

持病がある子の場合にはそのデータを蓄積しておいて、受診日にプリントアウトして担当医に見せることも可能で、適切な処置や薬の処方を受けることもできるのです。

Filed under: GPS, IT・通信関連, 子供Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website