子供用GPSは衛星から

好奇心旺盛な子供は将来的に賢くなる傾向が強いことが明らかになっています。しかし、親としては子の行動範囲が広くなるほど迷子になってしまうリスクを負うことになりますし、何かと心配になってしまうのも事実です。そのようなリスクや心配を減らすアイテムとして、子供用GPSがあります。GPSと聞くと携帯電話をイメージする方が多いと思われますが、キーホルダータイプで手軽に所持できるタイプの端末もあります。

このような端末はシンプルな機能であることが特徴です。具体的な機能は、親のスマートフォンで子供の位置を確認することができること、通話やメッセージが可能であったり防犯ブザー機能が搭載されている端末もあります。また、指定したエリア外に移動した場合に通知するフェンス機能を持つ端末も注目されています。しかし、どれもシンプルに使える点で携帯電話とは大きく異なります。

近年、子供用GPSは種類が増えていますが、選択する際には安全に使えるかどうかも考慮したいところです。この点、GPSの性能が大いに関わります。位置情報を把握するためには位置観測衛星が影響し、これは日本以外にもアメリカなどが所有しています。子供用GPSは何らかの衛星からの位置情報を受信しているというわけです。

しかし、国際情勢が不安定な現在、外国所有の衛星は利用不可になるリスクが存在します。ですから、国内の衛星に対応している端末を選択することが望ましくなるでしょう。中でも2018年に打ち上げられた「みちびき」という衛星に対応している端末は、位置情報が正確であると評判です。

Filed under: GPS, IT・通信関連, 子供Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website