子供のGPSの必要性

お子様がどこにいるか心配ではないですか?近所での不審者情報や子供が被害に遭う事件を聞くとより心配してしまいますよね。そこでGPSはとても役に立ちます。GPSはGlobalPositioningSystemの略であって、全地球測位システムと訳されます。これを簡単に説明すると人工衛星を使い位置を測定できるものです。

これを使うことで、子供がどこにいるか一瞬でわかります。よって、お子様の帰りが遅い時など位置情報を検索することで危ない目にあっていないか確認できます。でも、子供にスマートフォンを持たせたくないという人もいるでしょう。しかし、スマートフォンに付属されてる以外にも種類が多く、ランドセルやバッグにつけるだけのものもあります。

とても便利であり、スマートフォンを持たせるのに反対している人でも使うことができます。GPS持つ以外にも防犯意識を高めるために、具体的に気をつけることを教え込むのも大事です。例えば、知らない人に声をかけられたら、親の名前を知っていてもついて行ってはいけないなどです。大声が出せなかったら防犯ブザーを鳴らすなども教えて上げることが大切です。

最後に、GPSを持つことに反対する意見もあります。プライバシーの侵害であったり、逆に安心してしまって気が緩んでしまうなどが挙げられます。持つことで犯罪に巻き込まれないとは言い切れませんが、何かあった時に場所がわかるかわからないでは大きく差があります。何かがあってからでは遅いです。

よってGPSは必須アイテムだと言えるのです。

Filed under: GPS, 子供, 通信

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website