子供用GPSと類似製品との違いを確認

子供用GPSというと専用の商品が思い浮かびますが、スマートフォンやキッズケータイのように他の目的で利用されているものの中に一つの機能として用意されていることもあります。類似製品があるのならその中で便利なものを使うのが良いのではないかと考えるかもしれませんが、実際には小さな子供が取り扱う場合には気になる点が多々あります。ご家庭での導入が問題ない場合でも、学校側でそのような製品を持ち込むことを禁止しているケースもありますので、実際に使った時に問題が発生しないかを考えることが大切です。類似製品の一つとして、キッズケータイはよく比較されています。

キッズケータイという名前からも分かりますが、これは子供用の携帯電話であり、基本的に保護者と同じキャリアを選ぶことが前提となります。通話もできるのが最大のメリットですが、GPS検索を行うたびに費用がかかりますので、通信料を抑えたい場合には向きません。また、学校には携帯を持ち込むことができないケースも多いので、せっかく用意しても学校の行き帰りには使えない可能性が高くなります。万が一壊れた時に新たな機種を購入する等、様々なリスクもあります。

GPSを調べていたら忘れ物防止タグにたどり着いたという人も多いのではないでしょうか。これはスマートフォンと本体をBluetoothで接続して、接続が切れた時にアラームを鳴らしたり、最後に接続できた場所を記録するものです。忘れ物を探すのには良いのですが、子供の位置情報には不向きです。

Filed under: GPS, 子供, 通信

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website