子供がトラブルに巻き込まれるのを防ぐGPS

子供が学校から帰宅して遊びに出かける夕方以降は、事件や事故に巻き込まれやすい時間帯です。複数人でいる場合には、何らかのトラブルに巻き込まれても他の子が大人に知らせて素早く対処できます。しかし誘拐やわいせつなどの犯罪は、1人でいる子供狙って行われる傾向があります。最近では怪しい大人を見かけたら積極的に声をかけて怯ませるように学校などで指導が行われるケースもありますが、犯罪者は言葉巧みに誘ってくるので注意しなければなりません。

積極的な挨拶を指導すると、反対に犯罪者が子供に近付くきっかけを与えてしまう可能性があります。事件や事故に巻き込まれるのを防ぐためには、まず怪しい人間や危ない場所には関わらないよう指導することが大切です。危険性の高い人間や場所からは距離を置くように指導した上で、GPSを持たせていつでも位置情報を確認できるようにするとよいでしょう。GPSには様々なタイプがありますが、腕時計型やキーホルダー型ならば携帯性が優れています。

腕時計型は位置情報を確認できるだけでなく、スタンプを使って連絡し合ったり通話を行う機能もあります。キーホルダー型ならばランドセルなどに取り付けることができるので、煩わしさを感じることがありません。さらにスマートフォンを持たせている場合には、位置情報取得アプリを利用するとよいでしょう。目的地を設定しておけば、到着したタイミングで通知を表示してくれます。

子供がトラブルに巻き込まれるのを防ぎたいのであれば、防犯指導をしっかりと行った上でGPSを持たせて位置を確認できるようにするとよいでしょう。

Filed under: GPS, IT・通信関連, 子供Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website