位置情報を活用できるGPSとビーコンという技術

個人の位置情報を活用する技術には、GPSとビーコンの2種類があります。GPSもビーコンも似たようでいて全く違う技術ですので、それぞれの特徴や違いについてしっかりと理解した上で導入を検討するようにしましょう。GPSの特徴は、宇宙空間に浮かべられた人工衛星から電波を受信して位置情報を獲得していることです。もともと軍隊の技術として研究開発されたものであるため非常に正確で、地球上のどこにいても電波を受信できるという優れた点があります。

一方のビーコンは周辺の通信機器と情報をやり取りしており、比較的近距離で位置情報を獲得しています。そのため地球上というマクロ的な視点ではなく、建物や施設内のようなミクロ的な視点で位置情報を得ているのが特徴です。このようにGPSに比べるとビーコンは利用範囲が狭いように思いますが、そんなことはありません。現在様々な分野で積極的な活用が進んでいるのはビーコンだからです。

なぜここまで注目されているのかと言うと、人や物の状況をより細かく把握することができるからです。例えば空間内の人の動きを管理するシステムでは、座席に圧力センサーを取り付けることで着席状況を把握するという風に使われています。店舗であれば空席状況や回転率をデータとして取ることができますし、オフィスであれば社員の入退出管理にも使うことができるでしょう。倉庫内では共用備品を使うことがよくありますが、これをつけておけばすぐに場所を確認でき見失うこともなく便利です。

Filed under: GPS, IT・通信関連, 子供Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website