GPSとビーコンの違いとは?

位置情報を取得する仕組みとしてGPSとビーコンの2つがありますが、2つの大きな違いは発信源でありGPSは人工衛星そしてビーコンは電波を発信する装置などの違いを持っています。人工性衛星から放たれる電波は、世界中の様々な場所に到達しますが、途中に障害物があると反射して電波が届かないこともあります。例えば、ビルの地下室などのような場所には電波が届かないので位置情報を取得しようとすると圏外などの表示になってしまうわけです。スマートフォンには便利なアプリが多数用意されていますが、人工衛星を使ったGPS電波は現在の位置を表示、目的地までも到着時間や距離を表示できるようになっています。

しかし、地下街などを歩いていると電波を受信できないので目的地までどのくらいの距離があるのかがわからない、地上に出なければならないなどのデメリットもあるわけです。ビーコンは、電波が届く範囲が限られているもののBluetooth機能がオンになっていて専用のアプリがインストールされていれば、地下街のどのような場所にいても今いる場所を特定できるメリットを持ちます。発信源は宇宙にある人工衛星ではなく身近な場所に設置されている専用の送信機などの特徴を持っているので、GPSと比べると電波を拾える範囲は狭くなるけれども、小売店の情報を画面上に表示することやお店までのルートを地図上に表示することなく場所を選ぶことなくできるメリットがあります。

Filed under: GPS, IT・通信関連, 子供Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website